CSSってどういうもの?

ホームページの記述には3つの種類がある!

ホームページは通常、複数のページから構成されていますが、その1つ1つのWebベージは3つの要素から成り立っています。構造に関する記述と見栄えに関する記述、動きに関する記述です。このうち構造はHTMLによって、動きはJavaScriptによって記述されます。見栄えに関する記述は、かつてはHTMLのタグ指定で実現する方法も広く使われてきました。しかし検索ロボットの収集行動やHTML管理を効率的に行うため、構造と見栄えの記述を切り離す動きが加速しています。今後HTMLの見栄えに関わるタグは、廃止される方向で進んでいます。近年見栄えの記述はCSSによって行われるのが普通です。CSSはCascading Style Sheets の略であり、Webページの見栄えをここに集約して定義することが可能です。

CSS記述の様々な方法

CSSの記述には、様々な指定方法があります。HTMLの各タグ内に直接「style=」と記述して指定するのが最も原始的な方法です。しかしこれは管理が非常に煩雑で現在は殆ど使われません。各ページのデザインを一括して記述するには<head>タグ内に <style>と</style>タグを入れ込む方法もあります。この場合、複数のページでデザインが変わった時、全てのベージのコーティングを修正しなければならなくなるでしょう。現在は、外部ファイルとしてCSSファイルを用意して置き、HTMLからリンクや@importによって読み込む方法が一般的です。 リンクなら<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">のように記述すれば外部ファイル「style.css」を読み込めます。変更したい時はcssファイルだけを修正すれは良い事になります。

HP制作とは、インターネット上に個人や企業のHPを無料サイトや有料サイトを使って作る事です。必要に応じて日々更新・変更をしていきます。