HTMLってどういうもの?

HTMLってなに?ホームページの作り方

インターネットが多くの人に親しまれている現在、「自分のホームページを持ちたい!」という人も増えています。そんな時に、最初の壁が「HTML」。これは、「ハイパーテキスト・マークアップ ・ランゲージ」の略で、ホームページを作成する時に必要な「マークアップ言語」なのです。プログラミング言語ではないので注意しましょう。ハイパーテキストとは、ほかのページに飛べる「リンク」を貼ることができる、高機能なテキストということです。
HTMLでは、「タグ」と呼ばれるもので文章を挟むことでホームページを作成しています。タグはコンピュータへの目印のようなものです。具体的に目印とは、「ここまでが見出し」「ここからここが一つの段落」と言ったホームページの要素です。それをコンピュータにわかるような言葉(HTML)で書いて行くのが、ホームページ作成の基本になります。

HTMLは難しくない!初心者でもできる

HTMLは全て英語で記述する必要がありますし、取っつきにくいという印象を覚える人がいます。ですが、HTMLはさほど難しい言語ではありません。「タグで挟む」という最低限のルールさえ覚えていれば、少なくともエラーが出ることはないです。また、結果が目で見てわかるので、モチベーションアップにも繋がりやすいのがHTMLの特徴です。慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、慣れていけば、思い通りのホームページを作成することも簡単にできてしまいます。
タグには種類がたくさんありますが、全てを覚える必要もないです。頻繁に使うものは限られているからです。もし「これがしたいけれど、どういう風に書いたらいいんだろう」と困ったら、インターネットで検索してみてください。きっと、あなたの求めるタグが見つかるはずですよ。